注文住宅 諸費用

注文住宅の諸費用はどれぐらい?

家を建てるときには、建てる費用も必要ですが、それ以外の費用、いわゆる諸費用というものがかかってきます。

 

 

これも最初の段階から計画にいれておかないと、おもわぬところで、おもわぬ出費、ということになってしまいます。

 

 

住宅購入資金の場合、土地と建物の購入価格以外にかかってくる他のものを、「諸費用」といいます。

 

 

 

これには、住宅の購入や建築の際に必要な税金や各種の手数料といったものが含まれています。

 

 

 

さらには、工事費や引越しの費用、場合によっては、家財の購入代、近所の挨拶回りというものも、含まれてきたりします。

 

 

 

こういったことを考えていくと、だいたい、「諸費用」は購入価格の10%程度というのが、一般的な目安といえるでしょう。

 

 

また、あまり知られていませんが、印紙税というものがあります。設計・工事管理契約の場合には、印紙税が発生するのが常です。

 

 

注文住宅の場合は土地の契約時に「土地売買契約書」を締結します。また、建物の工事の際に「工事請負契約書」を作成しますが、この際にかかってくるのが、契約書自体にかかってくる印紙税があるのです。

 

 

「売買契約書」「工事請負契約書」といった契約書に、印紙を貼付しますが、その印紙を購入する金額が、印紙税ということになります。印紙税の金額自体は契約書の記載金額で決まります。

 

 

 

あとは、不動産業者に支払う手数料が、仲介手数料となります。最近は仲介手数料を割引してくれるようなサービスをしている業者も増えていますので、こういったところでかしこく節約をしたいものです。

 

 

 

あとは、住宅を購入したらかかる費用が、不動産登記の費用です。登記というのは、土地や建物の所有者がする必要がある手続きで、住所・氏名を登記簿に登録する手続きになります。こういった不動産の所有権の登記にかかる税金が登録免許税となってきます。

 

 

 

こういったトータルのコストが、諸費用となってきますが、意外とあなどれないもので、こういったものを全部足していくと、だいたい、「諸費用」は購入価格の10%にもなるのです。

 

 

 

注文住宅の相場|失敗しないマイホーム購入術のTOPページへ戻る