注文住宅 メリット デメリット

注文住宅のメリットとデメリット

建売住宅も注文住宅もどちらもメリットとデメリットがあり、一概にどちらの方が優れているということは言い切ることはできませんが、

 

それぞれのメリットとデメリットをしっかりと把握しておくことも大切です。

 

まずは注文住宅で建てる場合のメリットとデメリットをみていきましょう。

 

☆注文住宅のメリット☆
・自由に設計できるので自分の希望通りの家をつくることができる。
・間取りなどを生活スタイルに合わせて決めることができる。
・自分の要望通りの家をつくることができるので、満足度が高い。
・建物の工事過程をチェックできる。
・土地は自分で探して購入しなければならないが、土地の場所は自由に選ぶことができる。

 

 

★注文住宅のデメリット★
・完成してみないと分からない、実際に建ってみないと要望通りの家ができるのかは分からずに、出来上がってから誤差を生じやすい。
・こだわりが強く、設備や仕様にこだわりオプションを沢山付けたりすると建売住宅よりも高くなる。

 

 

注文住宅の最大のメリットとして施主の希望が最優先されるということがあげられます。
材質、外観、内観などの全てを自分たちで選ぶことができるため、希望どおりの家ができるのはもちろん、

 

間取りを全て自分たちで決めることができるため、生活スタイルに合わせた家づくりができるということも大きな魅力ではないかと思います。

 

しかしデメリットとしては注文住宅の価格は高くなってしまうということがあげられます。

 

もちろん予算の関係上、コストを抑えるために妥協してランクを落としたものを選ぶということもできますが、価格を気にして妥協ばかりしていると注文住宅で建てる意味がなくなってしまうように思います^^;

 

 

☆建売住宅のメリット☆
・一般的に注文住宅より価格が安い。
・土地を探す手間を省ける
・建売住宅の場合はすでに建っているので、早く住むことができる。
・すでに建っている物件をみることができるので、イメージしやすい。

 

★建売住宅のデメリット★
・すでに建っている物件なので、間取りや設備、仕様などは変更することができない。
・なかなか完璧に気に入った物件にであいにくい。
・建売住宅の場合は工事の過程をチェックすることができないので、手抜き工事や欠陥などのリスクもある。

 

建売住宅にも注文住宅にもメリット、デメリットはつきものですね^^;

 

 

注文住宅の相場|失敗しないマイホーム購入術のTOPページへ戻る