注文住宅 後悔したこと

注文住宅で後悔したこと

注文住宅を建てるということは、自分の理想の家を建てる、という事になりますので、建てたらハッピー、ということになるのが理想でしょう。でも、現実はそうでもありません。

 

 

実際、注文住宅を建てて、後悔がのこった、という人も少なくありません。こういったことを避けるためには、実際に注文住宅を建てた人が後悔したポイントを知った上で進めるというのが、賢いやり方です。

 

 

そういった上で、注文住宅を契約するまでの流れというのを、概要として事前に把握しておくことが、重要になります。

 

 

一番多い、注文住宅におけるポイントは、図面と実際の仕上がりが違った、とか、計画段階で思っていなかったような仕上がりだった、という事です。

 

 

たとえば、思っていたよりも部屋が狭かったというようなもの。これは、図面上での広さの感じがわからなかった、という事が原因になります。

 

 

また、玄関から見えるところにトイレのドアがある、というようなことや、窓から見える植栽が微妙、というような、間取りをもっとしっかり見ておけば、というようなところも、後悔のポイントにあがります。

 

 

実際、もっと考えて間取りを決めるべきだった、というのが、多く聞こえてきます。

 

 

また、注文住宅においては、依頼するところとの関係というのも、後悔のポイントになったりしています。たとえば、営業担当者が熱心でとても良い人だったが、その分、勢いに押されてしまった。というところです。

 

 

営業さんの勢いのせいで断りづらくなってしまったとしても、実際の施工はまた別です。営業と現場は分けて冷静に判断することが大事といえるでしょう。また、逆に営業が悪かったという後悔もあります。

 

 

建築の知識が乏しい営業担当者だったので、打ち合わせがいやになってしまった、というケースです。これは、担当変更をお願いするというのも手ですね。

 

 

また、意外と多いのが、知人の紹介で決めたのが後悔、という事です。コスト的なメリットがあるかも、と期待して依頼をしたが、知り合いだけに色々な要求を言いづらく、結果として後悔だった、というようなケースです。

 

 

こういったことを念頭に置いた上で、最初のプランニングが、大事だといえるでしょう。

 

 

注文住宅の相場|失敗しないマイホーム購入術のTOPページでは、無料でいろんなハウスメーカーなどの

 

 

間取りプランがもらえる「タウンライフ家づくり」を紹介しています。失敗しないで間取りを考えるにはいろんな間取りを見たほうがよいのでおすすめですよ。