注文住宅 期間

注文住宅が建つまでの期間

建売住宅とは違い、注文住宅の場合は完成するまでに期間がかかると言われていますが、具体的にどれぐらいの期間がかかるのでしょうか。

 

 

 

まず、注文住宅で建てる場合には建築を依頼する建築会社選びからはじまりますが、
ここではこれを省略し、建築会社が決まりプランの作成からの流れ、大まかな期間についてまとめてみました。

 

 

 

プランの作成は、要望や予算、敷地の条件などを考慮し、それをもとに作っていきますが、決定権は建て主側にあるため、納得のいくプランができるまで続きます。

 

 

 

 

納得のいくプランをすぐに提案してもらった場合には1ヶ月以内で終了することもありますが、家族の中でも意見が分かれていたり、どうしてもこだわりが強く妥協できない部分があるなどの理由でなかなか納得がいかない場合は、納得のいくまで繰り返し打ち合わせが行われますので、半年以上の期間を要することもあります。

 

 

 

 

平均的には2〜3ヶ月程度で設計が完成することが多いようです。

 

 

 

 

プラン・設計が完了すると、いよいよ工事が始まるわけですが、
解体が必要な場合は解体を行い、整地、敷地境界からの距離を計測、必要に応じ地盤改良などの作業を進めていきます。

 

 

 

 

そして準備が整うと、地鎮祭が行われ、地鎮祭後にいよいよ着工へと進んでいきます。

 

 

 

 

着工から竣工までの工期の目安に関しては、工法や建物の規模などによっても異なってきますが、3ヶ月〜5ヶ月程度の場合が多いようです。

 

 

 

 

 

住宅メーカーの中には部材の多くを工場で生産しており、完成までの期間がかなり短く設定されているところもありますが、コンクリート住宅の場合は工期が長くなることが多いようです。

 

 

 

 

 

上記のように注文住宅が完成するまでの期間は、依頼先や規模、工法などによりますが、おおよそ1年ぐらいの期間を要することが多いようですね。

 

 

 

 

注文住宅の相場|失敗しないマイホーム購入術のTOPへ戻る