注文住宅 契約 流れ

注文住宅の契約の流れついて

注文住宅をたてるというのは、金額のこともそうですが、手間というのも大きくなってきます。こういったことを全体として考えた上で、計画的にすすめるようにします。

 

 

まずは、土地を探すことからはじめましょう。自分が住みたい、という場所を見つけるには、実際に行くだけではなく、インターネットや雑誌なども有効です。

 

 

また、その土地の建築条件を確認することも大切です。

 

 

契約に踏み切る前に、大事なのは、資金計画です。頭金をいくら用意できるのか、ローンについて、確認します。

 

 

購入したい土地が決まったら、契約ですが、捺印をする前に、売買契約書や重要事項説明書をしっかり確認するようにしましょう。きちんと内容を理解してから、捺印をすべきです。

 

 

また、施工について決めるのが、このタイミングになります。どの工務店にお願いするのかを決めて、請負契約を締結していきます。

 

 

この依頼先ですが、イメージだけではなく、複数社のラフプランと概算見積もりをもらうようにしましょう。そうしたうえで比較して決めることが大事です。

 

 

次は工事についての契約締結ですが、これは依頼先によってちょっと違います。依頼先が、ハウスメーカーや工務店の場合だと、工事請負契約ということになります。

 

 

もしこれが、建築家さんである場合には、建築を依頼するということになりますので、まず始めに契約をするのは、設計・工事監理契約ということになります。その後に、工務店が決めて、そこで工事請負契約を結ぶようになります。

 

 

こういったときには、事前に詳細な見積書や仕様書などをきちんともらいましょう。遠慮はいりません。これから長い付き合いになるので、と遠慮してしまう人もいますが、長い付き合いになるからこそ、最初が肝心です。

 

 

必要な書類をきちんと確認し、不明点があれば質問しましょう。設計図や金額についても、それ以前の打ち合わせ通りかをよく確認しましょう。

 

 

こういった上で、各契約を締結するようになります。

 

 

 

注文住宅の相場|失敗しないマイホーム購入術のTOPページへ戻るでは、無料でハウスメーカーや工務店の間取りや総額費用がもらえます。

 

 

 

最初から1社に絞らずにいろんなハウスメーカーをみて、失敗しない家づくりをしてください。