注文住宅 選び方

注文住宅の選び方について

家を建てる際にどこの会社に依頼するのか。

 

どこでもいいというわけではありません。

 

どこの会社に建築を依頼するかによっても、注文住宅の完成度は大きく変わり、満足のいく家を手に入れられるのかも大きく影響してきます。

 

何も調べずにある会社で注文住宅の建築を依頼したけれど、せっかくの注文住宅なのにあまりこだわることができずに後悔している、失敗してしまったというケースも少なくないのです。

 

それほどどこで建築を依頼するのかということは、注文住宅で失敗しないためにも非常に重要になってきます。

 

実際に注文住宅を建てられた方はどのような基準で建築会社を選ばれたのでしょうか。

 

@構造と性能
建築会社を選ぶ上で、構造や性能は最も重要だと考えている方が多いようです。
建築会社によって、得意分野と不得意分野は必ずありますので、ぞれぞれの特徴をしっかりと把握しておく必要があります。

 

Aデザイン性
注文住宅の場合は、どのような家をつくりたいというイメージがある方が大半だと思いますが、和風、洋風、シンプルモダンなど外観のデザインが自分たちの求めるものに近いのかということも選ぶ上で重要なポイントになっているようです。

 

B間取りや提案力
複数の会社で間取りを取ると提案力の差に大きな違いが生じることも多いようです。
こちら側の要望を伝えても、何かと規定があり要望に応えてもらえないというケースも少なくありませんが、提案力が豊富で細かい要望にも応えてくれたりするところもあります。このあたりも選ぶ上で重要になってきます。

 

C価格
建築会社を選ぶ上で価格も非常に重要になってきます。
予算内で可能か、妥当な金額なのかということも大切です。

 

Dアフター保障
家は完成して終わりというものではなく、家が完成してからもメンテナンス、修理などが必要になってきます。
何かトラブルがあった時にすぐに対応してもらえるのか、建ててからも安心であるのか、ということも選ぶ上で重要です。

 

E担当の営業マンとの相性
家は一生に一度の大きな買い物なので、頼りない営業マンには任せられないものです。
専門知識があったり、対応が迅速であったり、アドバイスが的確な担当者かということも選ぶ上で決め手になるようです。
実際に担当者の対応力によってはトラブルを招くというケースも少なくありません。

 

 

家を建てる際の主な依頼先はハウスメーカー、工務店、設計士になると思いますが、

 

自分たちが家づくりにおいて最も重要視する部分や、それぞれの特徴を把握した上で最終的に依頼先を決めることをお勧めします。

 

 

注文住宅の相場|失敗しないマイホーム購入術のTOPページへ戻る