注文住宅 断熱材

注文住宅の断熱材の性能について

注文住宅で建てる場合は、デザインや間取りをはじめ、その他の性能をどうするのかや細かい部分まで要望を伝え、それを反映してもらうことは可能です。

 

 

 

 

注文住宅で建てる場合に、断熱材をどうするのか悩まれる方や迷われる方も多いと思います。

 

 

 

 

もともと標準仕様で断熱材が決まっている場合もありますし、希望の断熱材で対応してもらえることもあります。

 

 

 

 

 

よく、標準仕様で採用されている断熱材で問題が無いのか、、、といった悩みや、
断熱材の種類が多すぎてどれを選べばいいのか分からないと言われる方が多いようですが、それぞれの性能も異なってきますし、価格の面でも大きく異なってくるため、一概にどれが良いとは言えないのです…。

 

 

 

 

断熱材の種類としては、グラスウールをはじめ、セルローズファイバーやインシュレーションボード、ロックウール、フェノールフォームなどがあります。

 

 

 

 

まず、注文住宅で断熱材を選ぶ時には、費用を重要視される方も多いと思います。

 

 

 

 

 

先ほども言いましたが、選択する断熱材の種類によってはかかる費用が大きく異なる場合もあります。

 

 

 

 

 

比較的コストが安いとされているグラスウールもあれば、セルローズファイバーは施工に時間がかかるだけではなくコストも高めの部類に位置する断熱材ですし、硬質ウレタンフォームも比較的高価な部類に位置する断熱材です。

 

 

 

 

 

次に断熱材にはそれぞれ特徴があります。

 

 

 

 

 

例えば、なるべく結露は防ぎたいことを望まれる場合は結露の起こりにくい素材で作られている断熱材を選ぶといいですし、防音対策をしっかりとしたい場合には防音性能に優れている断熱材を選ぶなど、それぞれの要望に合わせた断熱材を選択する必要があります。

 

 

 

注文住宅の相場|失敗しないマイホーム購入術のTOPへ戻る