注文住宅とは

注文住宅とは

一戸建には“注文住宅”と“建売分譲”があります。

 

 

 

注文して建てる家を“注文住宅”と言い、ハウスメーカーなど業者が新築住宅を建てて土地とセットで販売する家を“建売分譲”と言います。

 

 

 

注文住宅とは一言でいえば“注文して建てる住宅”のことで、ハウスメーカーなどに設計を依頼し、施工会社に建築してもらう住宅のことです。

 

 

 

依頼方法としてはハウスメーカーや工務店に設計と施工をまとめて依頼する、

 

 

 

または建築事務所に設計と施工監理を依頼し、工務店に施工を依頼するという選択肢もあります。

 

 

 

注文住宅の最大のメリットとして、法律の規制内などの条件をクリアした場合は、

 

 

 

間取り、工法、設備、内装、外装などを自分の好みで自由に選ぶことができるので、希望通りの住宅をつくることが可能だということです。

 

 

 

そして設計してから建築するので、建築過程を細かくチェックできるということもメリットとしてあげられます。

 

 

 

注文住宅のデメリットとしては、

 

 

 

打ち合わせが何回もあり、細かいところまでイメージをし決定していかなければならないことと、建売とは違い完成までに時間がかかるということです。

 

 

 

建売の場合はすぐに住むことは可能ですが、注文住宅の場合はすぐに住むことは不可能です。

 

 

 

入居時期が決まっていたり、今すぐに住みたい、、、という人にはデメリットになります。

 

 

 

また打ち合わせは図面やサンプルなどで設計を決めていくので、図面やサンプルではイメージしにくく、建ったものがイメージとは違うということもありえます。

 

 

 

注文住宅の相場|失敗しないマイホーム購入術のTOPページへ戻る