注文住宅 最安値

注文住宅の最安値と相場は?!

建築士やハウスメーカーに設計を依頼し、施工会社に建築してもらう住宅のことを注文住宅といいます。

 

 

 

注文住宅の最大のメリットとして、条件をクリアすると基本的には、間取り、工法、設備、内装、外装などを自分の好みで自由に選べることです。

 

 

 

そして設計してから建築するので、建築過程を細かくチェックすることもできます。

 

 

 

注文住宅のデメリットとしては、基本的に建売より高いということがあげられます。

 

 

 

土地捜し、ハウスメーカー選び、間取りの決定、内装、外装などを数ヶ月、数十回に及ぶ打合せの中で決定していきますが、

 

 

 

その際の人件費のことを考えると多少なりとも価格に反映されていると思います。

 

 

 

また打ち合わせは図面やサンプルなどを使い決定していきますが、イメージがつきにくく、建ってからイメージと違うということもあります。

 

 

 

私も積水ハウスで注文住宅を建てましたが、サンプルなどでは非常にイメージがつきにくかったです。。

 

 

 

打ち合わせでは数回コーディネーターの方と共に進めていき、PCでシュミレーションもして頂きましたが、建つまでイメージ通りの家が建つのか旦那さんと不安で仕方ありませんでした^^;

 

 

 

考えに考えたプランでも、建ててみるとイメージと違っていたというケースも少なくありません!

 

 

 

注文住宅の購入を検討されている方は、少なからずこだわりがあって注文住宅を検討されていると思いますが、

 

 

 

よくある坪単価30万で注文住宅を建てることはまず不可能かと思います。

 

 

 

ローコストで注文住宅を建てられるというハウスメーカーもあるようですが、実際制限が多く、選択肢も少なく、注文住宅といっておきながら自由に選ぶことができないこともあります。

 

 

 

また決まった数パターンの間取りから選ぶとか、キッチンの選択肢が少なかったり、それを変更しようとすると別料金が発生するということもありえます。

 

 

 

一生に一度の大きな買い物ですからもちろん予算があるかと思いますが、予算の関係で全てが最低ランクの物しか選べないのなら、建売で探された方がいいと思います。

 

 

 

建売は建築過程がわからないというリスクはありますが、外観や間取りが見られますし、実物を見られるのでイメージと異なるということは絶対にありません!

 

 

 

そして一番のメリットとして注文住宅より安いということです!

 

 

 

最安値の注文住宅を知るには注文住宅の相場|失敗しないマイホーム購入術のTOPページに書いてある、

 

 

 

「注文住宅会社比較一括提案サイト タウンライフ家づくり」に申し込んでみると良いです。

 

 

 

無料の3分程度の入力で損をしない家の建て方ができますので、オススメです。