住宅ローン 頭金

住宅ローンの頭金はどれぐらい必要か?

マイホーム購入の際の頭金は、購入価格の2割、というのが、通説です。

 

 

そんな中、頭金なしのオールローンで、住宅を購入できる夢のようなシステムがあるとしたら?

 

 

実は、これは架空の話ではなく、実際に可能なこと。

 

 

例えば、住宅金融支援機構の「フラット35」などは、融資の上限を取り払い、全額ローンを可能にしているのです。

 

 

これなら、気軽にマイホームを手に入れられる、と思われた方も多いかもしれませんが、本当にそんな美味しい話に、乗って大丈夫なのでしょうか。

 

 

ここでは、後悔しないマイホーム購入のために、頭金なしの住宅ローンの特徴や、頭金なしで住宅ローンを組んだ場合に起こり得ることについて、ご紹介していきたいと思いま す。

 

 

一口に頭金なし、と言っても、頭金ありのときと、何もかも同じ条件なのか、というと、そうではありません。

 

 

実は、頭金なしの場合とありの場合では、金利が変わってくるのです。

 

 

どちらが高い金利になるのかと言うと、もちろん頭金なしの方。

 

 

その違いは、実際の金額で、数百万円の差になる場合もあります。

 

 

返済できる範囲の、比較的少ない額の借入金でない限り、頭金なしで住宅ローンを組むことは、結局、ずいぶんと損になる、というわけです。

 

 

「まぁ、でも、払えなくなったら、売っちゃえば良いわけだし」、と考えている方もおられるでしょうが、建物は、建てた瞬間からその価値が下がっていきます。

 

 

ローンが払えなくなって売ろうとしても、ローンが ちゃらになるほど、建物に価値が残っているのかと言うと、そうではないでしょう。

 

 

 

最悪、別の住まいで、手放した家のための借金を、返済し続けるという事態も、起こり得ます。

 

 

そんな場合、もし、頭金を払っていれば、その分ローン残高は減っているわけですから、家を売ることでローンがちゃらになる可能性もあります。

 

 

つまり、頭金があれば、家に縛りつけられることなく、先々の選択肢も広がると言うわけです。

 

 

頭金なしの住宅ローンは、あくまでも、全額返せる見込みがある場合のプラン。

 

 

その絶対的見通しが立たないのであれば、頭金なしというのは、有利なローンとは言えないでしょう。

 

 

また、住宅ローンは組む場合は、いろんな銀行を比較することは頭に入れておいた法がよいです。

 

 

1%でも30年、35年となると大きな違いになりますので。

 

 

注文住宅の相場|失敗しないマイホーム購入術のTOPへ戻る