注文住宅 頭金

注文住宅の頭金の目安・平均は!?

憧れの注文住宅を建てる場合には、『どんな家を建てようかなぁ…。』とワクワクしますが、それと同時に資金面に関する不安や悩みもつきものだと思います。

 

 

 

そして、本格的に注文住宅での建築の話が進んでくると、
『頭金をどれぐらい用意しておくといいのか、、、』といったことや、『最初に多額のお金が必要なんじゃないかな…。』といったことが気がかりな人は多いと思います。

 

 

 

注文住宅を建てる場合には、みなさんどれぐらいの頭金を用意されているのかが気になり、頭金の相場を調べてみました。

 

 

 

ある調査結果によりますと、注文住宅を購入される方の場合の頭金の平均金額は500万円前後ということが明らかになっています。

 

 

 

 

ネット上での書き込みをチェックしていると、頭金として500万円用意したといったご家庭もありますし、1000万円以上や2000万円近くの多額の頭金を用意されたご家庭もあります。

 

 

 

 

注文住宅にあたり頭金をどれぐらい用意するのかはそれぞれのご家庭によって様々だと思いますが、「マイホームを検討しているものの、頭金無しの35年間フルローンで考えています…。」といった書き込みもよく目にします。

 

 

 

 

 

中には頭金が0円でも注文住宅を建てることが可能だということを謳う業者が存在するのも事実ですが、当然頭金が一切ないという状況だと、月々の住宅ローンの返済額は高くなりがちで、家計を圧迫しやすくなります。

 

 

 

 

 

そのため、より頭金を多く用意できた方が月々の返済額を減らすことができますし、
返済期間を短くすることも可能で利息も少ないため、将来のことを考えても楽になります。

 

 

 

 

 

一般的に、注文住宅の場合は土地込みで頭金を用意しておく必要があり、
建物代と土地代を合わせて全体の2割〜3割程度の頭金を用意しておく方が安心です。

 

 

 

 

 

ちなみに、ローンを組む場合の目安としては大体年収の5倍くらいまでと考えておいて下さい。

 

 

 

 

 

また、貯金を全て頭金にあてようとされる方もおられますが、
実際に話を進めていくと次第に分かってくると思いますが、火災保険、地震保険、外構、地盤改良、引越し、新居のために家電や家具などを揃える場合の費用など、諸費用についても考えておかなければなりません。

 

 

 

 

 

諸費用としては、200〜300万円程度必要だと考えておいて下さい。

 

 

 

注文住宅の相場|失敗しないマイホーム購入術のTOPへ戻る