坪数で見る注文住宅の相場

20坪の場合~注文住宅の相場~

注文住宅の場合はデザインや間取り、設備、仕様などが全てフルオーダーメイドなので一戸一戸建築費は異なりますので一概に相場を言いきることはできませんが、狭小住宅の場合は割高傾向にあると言われていますが、実際のところはどうなんでしょうか。

ネット上には注文住宅を20坪で建てた価格情報が出回っておらずに、相場がどれぐらい なのか把握することはできませんでしたが、地元工務店で木造の平屋で20坪が約1000万円だったという情報がありました。

この価格はおそらく本体価格のみで、その他の費用などは含まれていないと思いますが、この坪単価は約50万円という計算になります。

地元の工務店ということで価格はそれほど高額ではないという印象を受けますが、大手住宅メーカーで建てる場合は価格は高くなることが予想できます。

そして、土地や敷地が限られている場合は、上へ上へと高さを利用し、狭い敷地を少しでも有効にいかした3階建て、4階建て住宅という選択肢になると思いますが、基本的に大手住宅メーカーで20坪の土地をいかし、3階建て住宅を建てる場合は割高になると言われています。

20坪と坪が小さくても、注文住宅の価格はピンキリで予想外の金額になることがありますので複数社で見積もりを取っておくことをお勧めします。

30坪の場合~注文住宅の相場~

注文住宅とは“注文して建てる住宅”のことで、ハウスメーカーなどに設計を依頼し、施工会社に建築してもらう住宅のことです。

注文住宅は法律の規制内などの条件をクリアした場合は、

間取り、工法、設備、内装、外装などを全て自分の好みで自由に選ぶことができ、希望通りの住宅をつくることができるというメリットがありますが、デメリットとしてはオーダーして建ててもらう家なので、値が張るということです。

予算に余裕がないと、妥協ばかりで理想の家とは程遠くなってしまいます。

もちろん予算に応じて、妥協して金額を抑えることも可能ですが、注文住宅ですから特別な注文のために金額が予算より高くなることも多いようですね。

30坪で注文住宅を計画している場合の相場ですが、ハウスメーカーによって大きく異なり、ピンキリです。

材料、数量、利益、宣伝費、人件費などが多少影響していると言われています。

ローコスト系で有名なハウスメーカーの場合は坪単価30万円以下とアピールしていますが、大手ハウスメーカーの場合は坪単価の相場は70万円~と、選ぶハウスメーカーによってかなり違いが生じてくるかと思います。

一般的に工務店かローコスト系のハウスメーカーであれば坪単価が50万円であれば普通のものは建つようですが、大手ハウスメーカーでは坪単価50万円で抑えるのならランクが下のものしか選べないと考えておいた方がいいです。

注文住宅を建てる場合、大事なことは家を建てる総費用を事前に把握しておくことです。

残念ながら坪単価だけでは家は建てられず、本体工事費以外の諸費用を含めた見積書を事前に複数の会社で出してもらうことが重要なのです。

おおよその総費用を把握しておくと、予算に応じてハウスメーカーも自然と絞れてきますよ!

35坪の場合~注文住宅の相場~

注文住宅では間取りがフリープランで、設備や仕様に関しても比較的自由が利くので価格は一概には言い切れませんが、注文住宅の相場は依頼す るハウスメーカーでもかなり金額に違いが生じます。

まず安さを売りにしているローコスト系のハウスメーカーで35坪の住宅を建てる場合、どれぐらいが相場になっているのかみていきましょう。

実際にタマホームで延べ35坪で建てられた方の金額を紹介しますと、大安心の家シリーズで、オール電化、古屋解体、土地改良、地鎮祭、全登記、外溝、ローン保障料、火災保険、照明、カーテン、引越しなどの費用を含め、全て込みで約1750万円ほどだったそうです。

この坪単価は約50万円という計算になります。

ちなみにこの方は基本的に標準のものから選び、オプションを最小限にした為価格を抑えることができたようです。

ローコスト系のハウスメーカーで注文住宅を建てる場合の 坪単価の相場は40万~50万円になっているようです。

一方大手ハウスメーカーで注文住宅を建てると価格はかなり高くなると言われています。

大手ハウスメーカーの中でも多くの方から指示されている積水ハウスで35坪の住宅を建てる場合の相場はどのくらいなのでしょうか。

実際に積水ハウスで36坪の見積もりを取られた方の金額を紹介しますと、太陽光発電込みで、外構費、諸費用は含まずに建物の見積が約2400万円だったそうです。

ちなみにキッチン、トイレ、バスなどは比較的グレードの高いもので見積もりを取られたそうです。

この坪単価は約67万円という計算になります。

先ほどのローコスト住宅と比較するとかなり高いという印象を受けますが、積水ハウスの価格として は平均的な価格で、このぐらいが相場になっているようです。

さらに大手ハウスメーカーの中でも価格の高さがトップだと言われているヘーベルハウスで建てる場合は、坪単価70万円台、80万円台が相場になっているようです。

注文住宅の相場は依頼する住宅メーカーによってピンキリですね。

40坪の場合~注文住宅の相場~

“注文住宅”は自分の好みにオーダーできるというメリットがありますが、デメリットとして建売より値が張るということです。

注文住宅で建てる場合はまず気になるのが坪単価かと思います。

ハウスメーカーは沢山ありますが、“坪単価30万円”と安さをアピールするハウスメーカーもあれば、“坪単価80万”と安さで勝負するのではなく高くてもそれ以上の価値をアピールしていたり、選ぶハウスメーカーによって金額が大きく変動します。

ローコストを売りにしているハウスメーカーなどは“坪単価30万円”とありえないような安さをアピールしていますが、実際に話を聞いてみると、別料金が加算されることも多く、実際には“坪単価45~50万円”が現実のようです。

基本的に注文住宅をハウスメーカーで建てる場合は値段は高くなりがちですが、地元の工務店などで建てる場合は値段を抑えることができると言われています。

地元の優良工務店さんにお願いすれば坪単価50万~で素晴らしい家が建ちますが、ハウスメーカーで坪単価50万程度の注文住宅となれば、ローコストのハウスメーカーでなければ厳しいと思います。

また一戸建て新築の場合ですが土地代は別にして、建物本体以外に付帯工事と諸費用が必要となってきます。

建築会社によっても異なりますが、別途工事費は大抵、坪単価に入っていない場合が多いのです。

地盤改良費用、屋外給排水工事、ガス工事、外構工事、空調設備工事、照明器具、カーテン、家具、ローンの手数料などなど。

それらの費用のトータルが数百万以上かかってしまったというケースも少なくありません。

注文住宅を建てる場合、大事なことは建物本体以外にトータルでどれぐらいの費用が必要か事前に把握しておくことです。

さらに複数の会社で見積書を出してもらい比較しておくことも大切です。